見た目は一般のパソコンと異なる?

シンプルなデザインが多い

市販されているパソコンはデザインに拘ったものが多いです。従来のパソコンにはないカラフルなものまであるので見た目にこだわりを持っている人にもおすすめと言えます。
法人向けのパソコンは見た目がシンプルな物が多くビジネスで使えるのがたくさんあるのが特徴です。基本的にビジネスで使うものなのでモノクロデザインが多く、見た目にこだわらないならお得といえます。法人向けパソコンを一般人が購入するときは中古を利用するのが普通です。
中古なので新品よりも安価、購入してビジネスでも利用できます。OSは少し古いものですが仕事で使う程度なら支障がないと言えるでしょう。見た目も綺麗に掃除されているものが多いので初めて買う方にもおすすめです。

機能部分がだいぶ違う

画面の見やすさは法人向けパソコンの特徴です。ビジネス用途のパソコンなので目が疲れないように工夫されています。アンチグレアと呼ばれる反射が少なく光沢のない画面が魅力です。ノングレアは見た目がきれいですが映り込みが激しく目も疲れやすい、こちらは一般向けパソコンに多く使われています。
キー配列はメーカーにより違いがありますがファンクションキーが装備されている、テンキーは一般向けだと殆どの機種で省かれていますが法人向けは標準装備です。強度も申し分なく頑丈な作りをしています。市販品はアルミニウムを使用した物が多いですがビジネス向けはABS樹脂やプラスチックを使っているものがほとんどです。
それだけに見た目もシンプルとなっています。

一般的に家電量販店で売られているパソコンの他に、法人向けパソコンと呼ばれるパソコンがあります。機能が一般のものと異なっていたり、調達方法にいくつかの種類があるなどそれぞれの企業に合ったパソコンが選べます。