法人向けのメリットとデメリット

法人用のパソコンはこんなメリットがあります

家庭で使っているパソコンは気軽に購入できる価格で販売されています。一方法人用に作られているパソコンは法人向けのスペックが高い物となっているので各分野の仕事で活躍できるのが特徴です。たとえば産業用のパソコンは民間用に比べると長期安定した供給ができるように工夫されています。基盤のパーツはすべて長期供給をできるものを採用し、最低でも5年間は供給が保証されているのがメリットです。
急にパーツが手に入らなくなってしまったというデメリットもありません。内部に使われているパーツは部品ベルでの信頼性を約束してくれる内容となっているのですぐに壊れてしまう心配もないです。トラブルが極力起きないように民間用よりもクオリティが高くなっているのが特徴と言えるでしょう。

価格が高いのがネック

耐久性も申し分ない法人用のパソコンですがデメリットもあります。販売価格が一般のパソコンと比べると結構いい値段がするので導入コストが高くなるのが特徴です。値段が高くなる理由は民間用よりもハイクオリティなパーツを使っていることや、各部品はあらゆる環境に耐えられるように開発されています。長期的に利用できるので買い替えの頻度も少ないのでデメリット以上のメリットがあるといえるでしょう。
基本的に特定の分野で需要がある商品なので小ロット生産を行っています。一般店で購入できるパソコンはお店で在庫を確保していますが法人向けは受注生産が基本です。上記の理由が関係して販売価格が高くなる傾向があります。受注生産なので納期も少しかかってしまうのもデメリットです。

一般的に家電量販店で売られているパソコンの他に、法人向けパソコンと呼ばれるパソコンがあります。機能が一般のものと異なっていたり、調達方法にいくつかの種類があるなどそれぞれの企業に合ったパソコンが選べます。